那覇市議会をインターネットで傍聴
 フェイスブックでたまたま那覇市議会の混乱を知りインターネット中継を見ました。那覇市議会(金城徹議長)の6月定例会最終本会議が開かれ、金城議長の議会運営に対する抗議決議案が賛成多数で可決されるなど混乱していました。
 17日に可決された議長不信任決議を理由に野党会派議員ら18人が出席せず、開会に必要な定足数に足りない状況になりました。金城議長の出席催告で本会議は開会。反発した野党市議らは金城議長の議会運営に対する抗議決議案を緊急動議で提案。賛成多数で可決しました。
 
 出席催告とは、地方自治法第 113 条は、会議における定足数の要件を示し、それに達しないときは会 議が無効であることを規定しています。ただし、例外の一つとして出席催告にかかる措 置が認められていますが、これは議長が議員に出席することを求めるための法律行為であり、それでもなお半数に達しないときは、定足数を欠いたままの会議であっても有効 とする規定になります。ここで注意しなければならないのは、この措置は招集日に「応 招した議員」を対象とするものであるため、そもそも応招議員そのものが半数に達しな かった場合には催告することはできないため、「流会」となります。 つまり、議長が出席催告する場合とは、いったん応招した議員であって、何らかの理 由によって議員控室等にいる又は議場から退場したため、会議継続が不能となった場合 の措置になります。 「出席催告の効果」は、その日の会議を閉じるまでとなります。つまり、出席催告に よっていったん会議を開いたときは、その後、定足数を欠いたとしても、そのまま会議 を継続することができます。

 しかし、今回の那覇市議会の場合、議長不信任案を賛成多数で可決したことが原因の議会の混乱であり、市政運営とは全く関係ない言い換えれば「議会内部の紛争に行政と市民が巻き込まれてしまった」という大変迷惑な話です。今回は出席催告という議長権限を使いましたが、もともと不信任決議を可決された議長がこの手を使うのはいかがなものなのでしょうか。今回の那覇市議会の混乱につてもう少し調査してみます。視察にも来ていただいた縁がありますので興味があります。
公約が守られない?
 公約が守られない政治は自民政権時代をはじめ数あれど、代表的なものは民主党が政権交代した選挙マニフェストですが、今回はEU離脱派が早くも公約を反故にするような動きが出ているようです。選挙に勝つためには何でもあり(地方選挙でもいますけどね)状態にはうんざりですね。離脱という結果は出ているので、だからと言って国民投票を無かったことには出来ません。イギリスは混迷の度合いを深めることになりそうです。

 参議院選挙では共産党の藤野政策委員長が「人を殺すための予算」と発言し大問題となっています。この発言はよくある文章を切りとったものではなく、軍事費は戦後初めて5兆円を超えた。人を殺すための予算ではなく、人を支え育てる予算優先する改革が必要だ」と発言、日本では憲法9条により軍事費は存在せず、防衛費ということになります。防衛費=自衛隊ということになり今回の騒動となりました。発言自体は共産党が主張していることなので訂正しなくてもいいような気がしますが、いかんせん選挙期間であることと、大災害が起きて選挙どころではない被災者の皆さんの気持ちを考えない残念な発言となってしまいました。勢いがあった共産党もこれで足踏み状態となるのでしょうか。痛いのは民進党ですね。藤野発言はさすがに行き過ぎた感があります。
日本生産性本部研究会レポート
地方議会における政策サイクルと評価モデル研究会レポート


 可児市議会では議会基本条例に則り、改選前の議会から申し送られた任期4年間の提言を基に、議長がマニフェストを作成し、それを引き継ぐことにより議会課題を解決している。また、各常任委員会は委員会ごとに継続課題を示し委員会引き継ぎ事項を明確にすることにより、単年度の引継ぎを行い次期議会への提言を取りまとめている。予算決算委員会では予算決算審査サイクルを用い、決算審査に重点を置き4週間にかけて慎重に審議し、十分な自由討議を経たうえで全会一致した事柄について提言を取りまとめ市長へ通知している(本会議場)。
 今回、第一回目の研究会で感じたことは、私たちが持っている政策サイクルは、議会報告会や地域課題懇談会、各常任委員会と各種団体との懇談会、常任委員会の市内視察などで市民の意見を集約し政策に取り入れてはいるが、総合政策や人口ビジョンに基づく総合戦略、教育基本計画や都市マスタープラン等の各種計画との整合性や検証が出来ていないことが分かった。このことから、次期(8月10日任期)議会への提言では、各常任員会で所管事務調査において、予算・決算重点事業シートの検証と各種計画の進捗状況および整合性について検討を進めるよう申し送った。また、その進行管理を議会運営委員会で行うよう検討をしている。


 7月の研究会は会津若松市で開催されます。政策サイクルを議会に用いた先駆者の議会での開催に今からワクワクしています。
イギリスがEU離脱 その2
 「岐阜県議会で本会議開催中にも関わらず、石破大臣が来岐したため一部の議員が選挙事務所へ赴き激励を受けていたり街頭演説に参加したりしていた」という報道には全然驚きませんでした。「本会議(県民)より選挙」は岐阜県議会では当たり前で、国政の下請け議会では世間の非常識が常識なのです。自分の選挙のことしか頭にないので、最優先は政党活動と自分の生活といったところでしょう。

 名城大学の昇教授からメールで「キャメロン首相の大きな判断ミス」との返信がきました。やはり!と思う記事を紹介します。

「米インターネット検索大手のグーグルは24日、英国の国民投票でEU離脱派が勝利を決めた後、英国で検索回数が最も多かった関連のキーワードは「EU離脱は何を意味する?」で、2番目は「EUって何?」だったと明らかにした。」

 多くの国民がEU離脱の影響すら知らないままに国民投票が実施されたようです。どちらにしてもEU離脱後数年はイギリス国内は大変な状況になることが予想されます。日本国内でも経済が破綻したら社会保障どころじゃなくなります。世界は頭が痛い問題をまた一つ抱えてしまいました。
イギリスがEU離脱
 まさか・・・イギリスがEUを離脱することになりました。現在、昇ゼミでは「英国の二代政党制に学べ」を題材にゼミを行っています。そこでも話題になっていましたが、「国民投票によってEU離脱を決定するのは危険すぎる。国民は時に間違った選択をすることがある。歴史が証明している」が現実となってしまいました。その結果、再度スコットランドが独立を模索する動きが出てきました。ギリシャ問題に続き世界は大混乱に陥る可能性が出てきました。キャメロン首相も辞意を表明したようですが、世界を混乱に巻き込んだ今回の国民投票はイギリス自国だけの問題では済みません。参議院選挙にも影響が出るのではないでしょうか。消費税先延ばしは大正解だったようです。これから先がとても不安になってきました。若い世代の意見や未来はシルバーデモクラシーに押しつぶされたような結果です。お先真っ暗とはこのことですね。
議場コンサートは大成功
 議長時代から企画してきた議場コンサートが大成功でした。アーラの衛館長の協力と新日本フィルハーモニー管弦楽団の皆さんの理解で開催にこぎつけた今回の企画は、議場という特殊な環境下にある空間が、生演奏にはとてもいい環境であることが分かりました。特に今回の木管五重奏にはもってこいの環境でした。日本フィルの皆さんからは絨毯による影響を心配されていましたが、その心配も吹き飛ぶ素晴らしい演奏と楽器の説明に、参加した100人の市民はアンケート結果でも100%満足していただいたようです。中には「議場へ初めて入れて、おまけに一流のコンサートをこんな近くで見れて感激した。次回の開催をお願いします。とてもいい企画でした」という意見が多数寄せられました。ほんとにやって良かったと思います。開かれた議会を目指して今後も活動を続けていきます。夕食は新日本フィルの奏者の皆さんと、リクエストのあった飛騨牛すき焼きを楽しみました。お礼の意味を込めて用意させてもらいましたが、皆さん満足していただきました。いろんな話が出来て楽しい時間を過ごすことができました。また、新たな提案もいただきましたので、具現化に向けて動き出します。

      
            リハーサル風景

      
            リハーサル風景

      
             本番前の議場

      

      
              懇親会です
教育福祉委員会
 今回の定例会で委員会に付託された議案は「可児市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の 一部を改正する条例の制定について 」の1議案、国の制度改正による条例の一部改正です。その他の協議事項では、駅前拠点施設の詳細が説明されました。平成30年度4月に開館を目指し着々と計画は進んでいます。今回の委員会では施設の詳細と運営面について説明がありました。施設の模型もでき上っており、その期待は高まるばかりです。今後は詳細をチェックし、市民の皆さんが使いやすい施設となるよう意見を言っていきたいと思います。

      
             駅側から見た正面

      

      

      
           可児川から見た西棟(駐車棟)
舛添知事都庁を去る
 安藤優子さんが「まるで夜逃げ」と酷評されたようですが、夜逃げは誰にも知られずにこっそりと行うもので、昨日の退庁時、鬼の形相で堂々と肩で風を切って歩く舛添知事の最後の姿は、とても東京都知事の要職にあった人とは思えない態度でした。彼の鋭い目つきは見方によっては反社会勢力の方たちと変わらない姿にも見えました。
 13兆円を超える予算を持ち、1,351万人が暮らす東京都の知事はリスペクトされても、決して「sekoi」と蔑まれる人物がなってはいけない立場です。彼の最後の退庁を見て舛添さんを選んだことは大きな間違いであったことを確信しました。説明責任を果たさず、国民や都民に謝罪もなく去ってしまったその行動と対応は政治家としてはしてはいけないことだと思います。また、都議会の責任も大きいのもがあります。地方議会で与党だ野党だなどど言っているからこのようなことになるわけで、首長と議会が緊張感を持って、議会が是々非々の対応をしていればここまで見苦しい事態は避けられたのではないでしょうか。どちらにしても、舛添知事も都議会も情けない幕引きとなりました。議員がリオ五輪に行って何をするのか知りませんが、知事と同じ行動は出来ませんよね。
可児市操法大会
 今年も操法大会が終わりました。結果は第3分団第2部(春里東南部)が優勝、準優勝に第3分団第1部(春里東西部)3位は第2分団第1部(今渡)以下、姫路、帷子西、川合の順で久々利と広見東部が敢闘賞でした。午後に予定があったので最後まで見ることはできませんでしたが、春里東南部の圧勝といっても過言ではない操法の出来だと思います。1分団も何とか2チームが表彰されほっとしています。とても頑張ったけれども地元広見(第1分団第1部)残念な結果でした。三か月近くにわたる訓練お疲れさまでした。しばらくはゆっくり休んでください。

      

      

      
18歳選挙権施行
 18歳選挙権が施行されました。全国で240万人が新しく有権者となります。可児高校での主権者教育でも感じたことですが、多くの若者が「投票に行くと」と言ってくれており、その割合は7割を超えるようです。この240万票が今回の参議院選挙のカギになるような気がします。また、この雰囲気が20代などの若い世代にも影響し選挙を左右することになるのではないでしょうか。
 日本の人口が8000万人まで減ってしまう現実は、大量の外国人が居住しない限り変えることはできません。厳しい人口減社会をこれから背負っていく若い世代の行動や発言を大切にしていかなくては日本の未来はお先真っ暗です。

 日本総合研究所調査部主席研究員の藻谷浩介先生の分析はとてもわかりやすく、先生の許可をもらって視察対応や講演でも使用させていただいています。

この5年間で日本で起きていること、若年層と生産労働人口が減少し65歳以上の高齢者が激増しています。

      

東京23区では地方から若者が集めるため若年層は増加(待機児童増)しているけれど生産労働人口は減少、高齢者は激増しています。多摩地区などをいれると相当大きな数字になります。
   
      

豊田市では団塊の世代の大量の現役引退により生産労働人口が激減(機械化、人工知能化進め雇用を抑える大企業)今後大幅な税収減が予想される。

      

可児市では日本の人口構図とほぼ同じす。

      

全国各地でこのううな人口構造となっていますが、海士町などは人口減はしているものの、I・Uターン者や留学生の受け入れなどで各年代の人口増減に差はありません。目指すべき方向がそこから見えてきます
平成28年度可児市議会地域課題題懇談会開催要項
 昨日は以下の案内状を持参し可児工業高校、東濃実業高校の2校を訪問し校長先生に面会して生徒たちの参加協力のお願をしてきました。また、新たな取り組みの「ママさん議会」は8月23日(火)午後からの開催と決まり、これから準備を進めていきます。



可児市議会地域課題懇談会開催要領


開催目的
可児市議会が、地域の各種団体の協力を得て、若い世代の意見を聞く機会をつくり、地域の活性化や地域課題に取り組むことで、地域の担い手育成に繋げていくこと、また議会が関わることで高校生の議会、議員への関心を高めることを目的に開催する。

主 催 可児市議会(議会改革特別委員会)
共 催 可児商工会議所
日 時 平成28年7月20日(木)午後4時〜午後6時
内 容 可児商工会議所会頭による講演およびグループディスカッション
場 所 可児市総合会館 5階大ホール
参加者 可児商工会議所会員(金融部会、商業部会、建設部会、工業部会、観光    サービス部会、青年部) 、
    可児高等学校・可児工業高等学校・東濃実業高等学校生徒
    

スケジュール

              司会  議会改革特別委員会副委員長 山根一男

1.16:00 開会  
2.16:00 主催者挨拶 可児市議会議長 川合敏巳
3. 16:03 趣旨説明 議会改革特別委員会委員長 川上文浩
4.16:05 講演 演題「可児商工会議所中期ビジョンについて」
     可児商工会議所会頭 渡邊敏夫様
5.16:30 意見交換説明  川上委員長
6.16:35 グループディスカッション

課題「可児の担い手作り〜企業が求める人材・高校生が求める企業〜」

    可児商工会議所会員、高等学校生徒、可児市議会議員

7.17:35 結果発表 高等学校生徒
8.17:50 結果講評 可児商工会議所会頭 渡邊敏夫様
                    川上委員長
9.18:00 閉会
一般質問終了
 一般質問が終わりました。昨日も書きましたが、自分の言いたいことはそこそこにして、答弁をうまく引き出し分かりやすい質問をした方が効果があるのではないかと思います。

 舛添知事が辞任するようです。地方自治や地方議会にとってイメージを悪くする事件が続いています。政治家は襟を正して政務に専念してもらいたいものです。

 明るい選挙推進協会が発行する機関紙に、可児高校の田口君が登場しました。
青森中央学院大学、一橋大学、東洋大学の大学生と肩を並べて堂々の登場です。頼もしいですね。可児市議会の取組みがあちらこちらで報道されています。東京都知事のようなマイナスイメージの報道ではなく、小さいマイナーな報道でも地域にプラスになる報道はありがたいものですね。 

      

      
一般質問一日目終了
 今回の質問者は13人、いつもながら少々人数が少ないような気がします。一般質問初日の質問も、その内容、方法に疑問符が付くものがありました。ほぼゼロ回答の質問は質問する側の問題の方が大きいと思います。来月に予定している質問の研修に期待したいところです。
 質問初日6番目、午後1時からの登壇となった私の質問は、主権者教育について一定の回答を得ることが出来ました。小中学校への主権者教育の出前講座、子供同伴の投票キャンペーン(家族揃って投票)、10代の投票立会人募集等々。また、可児駅周辺の整備についても、特に西側の整備が見えてきました。閉鎖する総合会館跡地、拡幅される市道117号線、繭検定所跡地などの公有財産の有効利用について今後は議会としても考えて行きたいと思います。
東京都議会集中審議
 明日の一般質問の準備を進めながら東京都議会のインターネット中継を散見していました。今までの代表質問や一般質問と何ら変わらない答弁に終始していたような感想を持ちました。舛添知事に対する疑念は晴れないままで、今もまだ審議は続いているようです。本来リスペクトされるべき立場の東京都知事が、あまりにも無様な姿を国民の前にさらされている光景は、やはり正常な状態とは言えません。自民党都議の追及もとても甘いものであり、不満が残る結果となりました。このままでは世界を代表する巨大都市としてのメンツは丸つぶれで、やはり辞職しかないのではないかと思います。疑惑は深まったような印象を受けた集中審議となったと思います。
参議院選挙  分かりにくい与野党の政策
 昨日、所用で名古屋へ行ったおり民進党の街頭演説を聞くことが出来ました。その内容は「消費税増税見送りは約束違反だ。国会で説明していない」「アベノミクスは大失敗した」「日本を戦争する国にしないために安保法案反対」等々、政権批判をするだけで、じゃあ民進党ならこうするという政策が何もありません。ただ、政権批判しているだけでは永遠に政権を取ることが出来ない共産党と同じで、無意味無機質なものに聞こえてきました。国民に対し分かりやすく対案を示してこそ政権交代可能な2大政党制となるわけですが、現状では難しいようです。

アベノミクス「3本の矢」は「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」の3つでした。このうち日銀の協力を得た金融緩和は円安・株高でアベノミクスの基盤を築いたものの。成長戦略に欠かせない規制緩和は進まず、財政の健全化に必要な社会保障費などの削減も、ほとんど手が付けられていません。利害調整が難しい施策は後回しとなり、金融緩和だけが先行しています。今回示された新たな3本の矢は(1)希望を生み出す強い経済(2)夢を紡ぐ子育て支援(3)安心につながる社会保障の3項目で、具体的にはGDP600兆円、出生率1,8、介護離職ゼロを目指すとなっていますが、旧3本の矢が失敗したうえで、新3本の矢の具体的なロードマップがない状況では「詭弁」と取られても仕方がないと思います。今回の参議院選挙に対し「何を基準に選ぶか?」可児高校模擬選挙でみんなで話し合った「選ぶ力を付けよう」。これではいくら力を付けても仕方がないですよね。与野党共に国民に分かりやすい政策を明示すべきです。
善政競争(早稲田マニ研)
 早稲田大学マニフェスト研究所のモットーは「議会間の善政競争」です。それを促すために議会改革度ランキングを調査・公表したり、マニフェスト大賞で表彰を行ったりしています。その裏には「地方議会が本気で頑張れば、日本はもっとよくなる」という考え方があり、私も同感しています。この度のランキング公表に関し、以下の考察が発表されました。情報を共有し次ステップに進むことはとても大切ですね。



▽上位議会の特徴
▼1位 芽室町議会(1位)
議会活性化計画、議員研修計画、政策形成サイクル計画を策定。それぞれを検証しインターネット上で公開している。大学連携・モニター制度などサポート体制も強化。
▼2位 大津市議会(18位)
議会版実行計画としてミッションロードマップを策定。ICTを活用した戦略的な広
報も注目される。全国初・大学図書館との連携も実現し、調査研究機能を向上させた。
▼3位 四日市市議会(3位)
市民参加を推進。各常任委員会が年間白書を作成するとともに、所管調査テーマを市民から募集している。重要な議案についてもHP上で公開し審議前に意見を募集している。
▼12位 兵庫県議会(62位)※都道府県内1位
政務活動費など情報共有が進んでいる。各常任委員会と県民との意見交換を実施し調査報告書で意見を反映させ提言をまとめている。議会改革の検証もネット公開している。



▽結果速報(経年比較)
・議会基本条例の制定 46% ← 41%
・議会が住民と直接対話する場の開催 47% ← 48%
・領収書(政務活動費)のネット公開 6% ← 3%
・女性議員比率が3割以上 4% ← 3%


▽結果速報(トピックス)
・シティズンシップ(未成年)推進の取組みを実施 39%
・地方創生に関する提言書を提出 6%(何らかの取組みを実施 38%)
・過去3年間に政策型議員提案条例を制定 15%
・議会報告会等での住民意見を政策につなげる仕組み 14%


▽舛添問題で話題の「一問一答」導入割合は?
都道府県:導入(実績あり)70%、導入(実績なし)0%、導入なし30%
全  体:導入(実績あり)78%、導入(実績なし)1%、導入なし21%



▽全体傾向(速報)
議会基本条例を制定した議会が46%に増加し半数に迫っている。一方、自己検証は10%にとどまり、運用面が課題といえる。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、4割近くの議会でシティズンシップ推進の取組みが行われた。地方創生について何らかの取組みを行った議会が38%あったが、提言書の提出は6%にとどまった。


▽調査の視点・特徴
地方創生時代において目指すべき議会を「地域課題を解決する議会(住民の役に立つ議会活動)」に設定し、設問・配点を見直した。制度の有無だけでなく、PDCAサイクルなど運用面や、具体的な政策提言につながっているか、調査研究のための環境整備ができているか、などを追加ポイントとした。
議会改革度ランキング2015by早稲田大学マニフェスト研究所
 2015年度の議会改革度ランキングが発表され、可児市議会は前回より一つ上がって11位になりました。残念ながらトップ10入りはできませんでしたが、納得のいく結果です。政策形成の部分でもう少し工夫すればおのずと順位は上がりますが、順位を上げるための議会改革では本末転倒となってしまうため、市民目線の地道な活動を心がけていきます。
 今日の議会報告会実施会議では、今回の報告会の総括を行いました。女性や若い世代の参加促進や高校生議会の充実、ママさん議会への挑戦など、議会報告会とは一味違った取り組みから、最終的には議会報告会の内容を充実することに繋げていければと考えています。議会(議員)の広聴機能を充実し、委員会などを通じてそれを政策に生かすことがとても大切です。合わせて議員の資質向上にも注力していきます。

      
可児市議会 昇ゼミ
 大学ゼミ生の就活も落ち着いてきて、今日の昇ゼミは20人の大所帯でした。藻谷先生の「里山資本主義」についての考察と「英国議会政治に学べ」についてレポート報告。政権交代についてのディスカッションを行いました。政権交代に対するアレルギーは未だ癒えない状況が続いており、民主党政権時代のマイナスイメージは払拭できない状況は変わりません。地方議会が国の下請け機関になるのではなく、地方議会から国を変える動きになれば、健全な野党が誕生することは間違いないと思います。

      

      
期日前投票所の増設
 期日前投票所を増設したり、投票所を市民が集まりやすいショッピングセンターに設置したりと、市町村で工夫や検討がなされています。一方で、増設には経費がかかり、その費用対効果も考えなければなりません。
 
以下は、とある自治体の期日前投票所の経緯試算です。どう判断するかは市町村それぞれですが、どのように考えるかは議論が必要です。(可児市では過去の答弁で一カ所約200万円強の経費が必要と回答)


増設した場合の経費試算

 設定条件として,地域規模などから既存の施設で対応可能と見込まれる荘内市民センターを想定し,市役所と同様の条件で設営可能な設備等を見込み試算。

\瀏関係(衆院,国審時想定)※消費税率の変動,パソコンOSの違いにより多少増額あり
投票受付用パソコン端末  3台          677,250円
記載台3人用(3L型)   3台         107,100円
投票箱(AM型)      3個          92,925円
投票箱置台        3個          17,325円
                   合計   894,600円・・・

⊃遊鑒餞愀検併乙珍,知事選想定 最長16日間)
・投票管理者・投票事務従事者(職員)の時間外手当 @2,400/hとした場合
  平日3h×11日×5人            396,000円 
 休日12h×5日×5人            720,000円
                       1,116,000円
・投票立会人報酬 @10,500円等
16日×2人                 336,000円
   ・需用費(食糧費,消耗品等)
    立会人昼食代,投票所飲物,事務用品等       30,000円        
                   合計 1,482,000円・・・

4雋乾轡好謄倏枩関係
市民センター内ネットワーク配線作業        351,000円
市役所〜市民センター専用回線新設
設置負担金,基本工事費,屋内配線工事費など  166,536円
  基本回線専用料,屋内配線専用料など      389,880円
                   合計   907,416円・・・ 

++9膩廖。魁ぃ横牽粥ぃ娃隠怯

 ※国・県選挙に限り,増設にともなう経費の一部は補てん可能。
バラ議会が始まりました
 昨年「6月議会はバラ議会とする」と決議した今年のバラ議会が開会しました。今年も花フェスタ記念公園の協力により、美しいバラで飾られたバラ議会初日を迎えることが出来ました。多くの報道陣とバラに囲まれた本会議場には、ほんのりバラの香りが漂いとても気持ちのいい初日となりました。これも議会改革の一環ですが、明日の新聞記事が楽しみです。

      

      

      
可児市消防団第一分団 操法激励
 今月19日に開催される可児市操法大会の激励会が開催され、第一分団第4部(姫地区)が操法を披露しました。市役所駐車場から大会が緑の丘駐車場へ変更となり、花フェスタのバラ祭りとの関係で半月ほど遅く開催されるようになり、団員のみんなも訓練が長期にわたり苦労しているようです。ここまできたら、あとは怪我などに気を付けて無事に大会を迎えられるよう最後の仕上げに臨んでもらいたいと思います。がんばれ!消防団。

      

      

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER