武雄市視察のまとめ
 武雄市図書館は平成元年の第三次武雄市総合計画に基づき策定された市民文化の森構想のもと、平成10年に図書館・歴史資料館の建設工事が始まった。平成11年2月に愛称を募集、3月末にエポカル武雄と決定し、平成12年10月1日に開館した。平成18年4月7日から図書館の金曜日の開館時間を1時間延長し19時までとした。

 平成19年3月1日に図書館システムを更新し、図書利用カードを切り替えた。 同年5月からはこどもの日と文化の日以外の祝日も開館することになった。
平成24年4月から毎週月曜の休館日が毎月第1月曜日となった。 同年5月4日に株式会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)を指定管理者にすると発表、11月1日から平成25年3月31日まで改装工事のため閉館し、その間11月15日から2月28日まで武雄市文化会館内に臨時図書館を設けて一部図書を貸し出した。
平成25年4月1日、全面改装し、CCCを指定管理者とした運営が始まった。CCCは目的外使用の許可を得て蔦屋書店を設置。貸出対象を日本国内居住者に拡大。図書館の開館時間を延長、休館日を廃止する一方で、歴史資料館の休館日を月曜日とした。

 開館時間・営業時間は9時から21時まで休館日・定休日は年中無休となった。こどもトイレ・授乳室、蔦屋書店 武雄市図書館、サービスカウンター、セルフカウンター - 図書館資料の貸出、音楽・映像ソフトレンタル及び書籍・雑誌販売の会計を兼ねるセルフPOSを導入し、楽天Edyも利用可となった。
また、スターバックスコーヒー 蔦屋書店 武雄市図書館店は、 蔦屋書店に置かれたCCCが経営するライセンス店舗。公式サイトでは6席、パンフレットの利用案内ではテラスを含めて102席とされる。その他ソフトバンク公衆無線LAN利用可となっている。

 CCCのニュースリリースによると4月30日に時点の1ヶ月間の利用者は99,358人で前年比500%の増、図書貸し出し数は55,987冊で206%の増と大幅な増加となっている。大型連休10日間の来館者も47,126人となっている。
 新図書館はもともとあった図書館をリニューアルしたもので、改修費は7,5億円(内CCCの負担3,5億円)、5年間の指定管理で運営費は年間1,1億円で年間1千万円の経費削減したうえで、CCCからの賃料が年間600万円(スタバ、書籍販売、DVDレンタル等)で市の職員はいません。スタバも入れた販売スペースは全体の2割となっている。従来の図書館のカテゴライズでは利用者の立場では使いにくいことから、書籍販売と同じ分類とした。また、本を借りる際の手続きは約10秒で完了する。

 また新図書館にて実現する9つの市民価値として
1.20万冊の知に出会える場所
2.雑誌販売の導入
3.映画・音楽の充実
4.文具販売の導入
5.電子端末を活用した検索サービス
6.カフェ・ダイニングの導入
7.「代官山 蔦屋書店」のノウハウを活用した品揃えやサービスの導入
8.Tカード、Tポイントの導入
9.365日、朝9時〜夜9時までの開館時間
指定管理者制度によりサービス拡充と行革を実現する!としています。

 今回の視察にて図書館を利用する側のニーズに答える運営がいかに大事かを再認識した。若者から高齢者までがそれぞれのライフスタイルによって利用することが出来る運営方法は、今まであった図書館に対するイメージを大きく変えることとなった。結果まちづくりの大きな課題である賑わいづくりや若い世代のみならず、各世代にも支持される運営によって市内外を問わず武雄市に人々が集まってくることとなった。

 次にフェイスブックを使った情報発信では、SNSを利用することにより旧ホームページでのアクセス数が月刊5万件であったものがフェイスブックでは300万件となり、月100件以上の投稿があるとのことだった。またFBを行政情報、観光情報、風景等の発信、災害情報の発信等に利用し、特に災害時の情報発信ではリアルタイムに水害の情報(道路冠水個所など)を発信することができた。今後もFB、ツイッター、HP、広報誌等を利用し、生きた情報の発信を行うとのことだった。全職員がアカウントを取得し市民等からのコメントに即時対応しきめ細やかなサービスを行っていることは市民生活向上と業務の効率化に大きな影響を与えている。低コストでSNSは導入できるため、これらの利用を推進すべきである。

       

       

       
消防団の操法激励に参加
 今年は可児市で消防操法の県大会が開催されるため、例年より3週間遅れて6月16日に可児市の大会が開催されます。今日は恒例の操法激励に参加しました。

 市長、副市長、消防団長をはじめ多くの方の激励と操法の披露が行われるのですが、今年は地元第一分団第一部(広見)が操法の披露をしました。

 出来は、まぁこの時期だからこんなものだろうと思います(OBは辛口評価するものなので・・・) 県大会が地元開催なので2チーム出場出来ることもあり、なんとか出場してもらいたいのは、やまやまですが無事大会を終えることが何よりです。残り三週間を体を休めながら悔いのないように訓練してもらいたいと思います。

       

       

       
間もなく6月議会
 来月4日から始まる6月定例会開催に向けて慌しい日々が続いています。今のところ補正予算案などはないようですが、条例の改正案や意見書の提出、請願・陳情の審査などしっかりと調査を行う準備を進めています。
 議会基本条例施行後初の議会となるので、反問件の運用、自由討議での議論の充実、参考人・公聴会制度の利用など、委員会や本会議の運営についても条例に則って運用を考えて行くこととなります。常に条例を意識しながらの運営となるので慎重に進めていかなければなりませんが、全議員がその意識を持った運営をこなすことは、まだまだ先になると思います。議会運営も少しずつではあるけれど変わってきたことは事実です。


       


花フェスタ記念公園のバラは満開です(^O^)/
 花フェスタ記念公園の土曜日の入園者は1万2千人となりました。今日は1万6千人を予想しているとのことですが、可児・御嵩インターは朝から出口が大渋滞で、周辺道路も大混雑していました。

 今年のバラの特徴は、ここのところの暖かさもあり例年になくバラが一気に咲き、どこでも見事にバラが満開となっており圧巻の風景です。ただ心配なのは、すべてのバラが同時に見ごろを迎えたことで、6月23日まで予定しているバラ祭り期間までバラが持たないかもしれないとの情報がありました。自然との闘いは難しいですね。今年は早めの来園をお勧めします。

       

       
リニア中央新幹線計画の説明会
 昨年の中津川市での説明会に続き、リニア中央新幹線計画の説明会が多治見市で行われました。リニアの概要、環境影響評価の調査進捗状況では美濃帯・ウラン鉱床・重要湿地、中央新幹線計画では中間駅のイメージ・工事開始までの流れ、山梨リニア実験線の延伸と設備更新の進捗状況などが説明され、その後質疑応答となりました。
 
 環境アセスでは大気質を県内24ヵ所、騒音・振動を県内29ヵ所、水環境を県内24ヵ所、地下水県内20ヵ所の調査が既に終了し、今後夏ごろまでに動植物(哺乳類、鳥類、昆虫、植物)の調査を済ませたうえで、秋の10月ごろにアセスメントの結果案(準備書)を公表するとのことで、この時点で正式なルートもほぼ決定するようです。

 質疑では地下水・湧水への影響やウラン鉱床に関する疑問、磁界の人体への影響に対する不安など、予定時間を大幅に超えるものとなりましたが、JR側の答弁は昨年同様終始一貫しており、具体的なことは環境影響評価を終えた秋から説明するとのことです。事業者側からすると国際基準や法律に則って行っているので・・・・それ以上の説明は必要ないと考えているようですが、この国家プロジェクトを推進するうえでも、もう少し丁寧な説明や回答があった方が理解を得やすいのではないかとの印象を受けました。

 質疑の中には強く自己主張をされる方や、前回も在りましたが、この事業を何故か原発に結びつけようとする方が見えました。貴重な時間を大切にしてもらいたいですね。

       

       

       
武雄市新図書館のHP
 先日視察した武雄新図書館の凄いとことはホームページにもあります。何と館内MAP(館内ストリートビュー)が、グーグルマップ(ストリートビュー)となって隅々までHPから確認できるところです。
 HPもすっきりとしていて解りやすいものとなっており、運営するツタヤ(CCC)のセンスが光るものとなっています。公が運営すると、なかなかこのようにはいかないですね。

       

       




総務企画委員会で商工会議所との懇談会
 議会基本条例施行により市民の意見を集約する場として、今年度は各種団体との懇談することにしているため、手始めに商工会議所正副会頭との懇談会を開催しました。
 忙しい中、1時間半にわたってお付き合いをしていただき「市内の雇用問題」「観光グランドデザイン」「リニア新幹線の活用と影響」「国道248号線の4車線化」「東海環状線の全線開通」「名鉄広見線」等、委員会の所管部分について意見交換をすることが出来ました。
 会議所側からは現在の経済状況や今後の見通し、行政に対する意見や要望など活発に発言していただき、今後の委員会運営に大いに役立つ情報を頂くことが出来ました。今後も、このような会を積極的に開催して行こうと思います。次は農業問題に関して農業委員の皆さんとの懇談会を行いたいと思います。

       


兼山地区での議会報告会
 今回の報告会では最後となる兼山地区での議会報告会を行い、40人ほどの参加がありました。兼山地区では人口減少と少子高齢化が顕著であることや、急傾斜地の問題や道路問題など多くの課題を抱えています。地元の議員さんも引退され議員空白地域となり対応が難しくなっていることは事実です。飛び地合併の弊害も少しずつ表面化してきている状況の中での報告会ということもあり、参加者からは要望や意見が多く出されました。
 今回行った3会場の中では司会進行が一番うまくいった報告会となり、頂いた意見をどのように市政に反映していくかが今後の課題となってきます。
 3回の報告会で感じたことは、報告ありきではなく単純に意見を聞く場を設けることも必要だと思いました。

       


バラまつり開幕
 花フェスタ記念公園のバラまつりが開幕しました。好天に恵まれて今日は5,000人の入場者があったと公園事務所の坂井さんからFBに書き込みがありました。バラは、あと5日後ほどで満開を迎えるとのことですが、咲き始めのバラは格別です。世界一のバラ園に是非一度足を運んでみてはいかがでしょう。

       
桜ケ丘での議会報告会
 2班が担当した桜ケ丘公民館での議会報告会は、結論からすると少々残念な結果となりました。
 その原因の一つは報告会のリハーサル不足で説明が聴き取り難い場面があったことと何度も進行が止まってしまったこと。
 もう一つは市民からの質問・意見が2人の方に偏ってしまったことと、その市民からの不規則発言などルール・マナーを守れない場面があったこと等が残念な結果として印象に残りました。
 何度も回を重ねるごとに建設的な報告会になるとは思いますが、やはり議会としては報告会の回数を増やすなどの対応をして、議会・市民が少しでも早く報告会に慣れるよう努力することが必要です。今日は今回最後となる兼山での報告会です。3班の頑張りに期待します。

       

       
維新の会は何をやっているのか理解不能
 橋下代表の慰安婦問題や沖縄駐留米軍に対する風俗発言で「自爆テロ」とまで揶揄された維新の会で、また一人西村議員が問題発言を行い離党するとか・・・

 この方・・・先の選挙で東海比例ブロックから選出の議員ですが、離党ではなく議員辞職するべきではないのでしょうか?つくづく情けない気分です。維新はどうかなってしまったようですね。これからという時にこのような状況では、これから先が思いやられます。見識の違いというより人間性の問題なのかもしれません。比例で獲得した1226万票の期待を大きく裏切る結果となりました。残念!
佐賀県武雄市の日帰り視察
 朝7時半に名古屋小牧空港を離陸、夜21時10分に無事到着し可児へは予定通り午後22時の帰宅となりました。

 視察の詳細は、また後日報告しますが、樋渡市長の配慮でフェイスブックシティー課の浦郷さんに、FBの運営に関して急遽説明をしていただけました。大阪市議会と堺市議会の視察で忙しい中対応をしていただき感謝感激です。
 武雄新図書館の視察と合わせて充実した一日を過ごすことができました。弾丸視察ということで少々疲れましたが、だらだらと2日間過ごすよりメリハリがついてよかったと思います。この経験を生かして6月の一般質問を組み立てて行こうと思います。

       
           朝7時半のFDA福岡行きに搭乗です


           武雄市役所には11時に到着


  フェイスブックシティー課の浦郷さんと「いいね」ポーズデ記念写真

       
           図書館内部は別世界です       

       
           オープンカフェでスタバの珈琲を楽しむ人たち

       
           午後21時10分に小牧空港へ帰ってきました
議会報告会開催
 今年度第1回目の議会報告会を姫冶公民館で開催しました。議会基本条例施行後初の報告会でしたが、60人を超える方々に参加していただき心から感謝申し上げます。
 報告事項に対する質問や、その後の意見交換では活発に多くの意見を出していただけましたが、今後は広く意見聴取するための工夫が必要だと感じました。
 今回は、桜ケ丘と兼山の2ヶ所が残っているので、そのあたりを改善して報告会に臨めればと思います。

       
花フェスタ記念公園
 花いっぱい運動が終わり議会報告会までの時間が空いたので、花フェスタ記念公園の薔薇の開花の様子を見に行きました。

 結構な来園者がいましたが残念ながら、まだ蕾の状態で見ごろは来週後半からといったところです。
 今年は気温も高いので開花も早いかな?と思いきや、盆地で標高も高く、風通しも良好な公園では開花が遅くなるようです。夜の低気温も影響があるとのことでした。

 薔薇はまだまだですが、なんじゃもんじゃやの木は満開でした。

       


ザ・チャレンジ21セミナー参加
 先日、名古屋マリオットホテルで開催された藤井先生のセミナー「中部からの提言2013」に参加し、特別講演として日本維新の会代表 石原慎太郎氏の「このままでは日本は沈む」を聞きました。相変わらずの口調で憲法、尖閣、官僚支配、会計制度、地方自治の在り方などの持論を展開され、予定時間を大幅に超える講演となりました。

 参加者は600名ほどで例年より多くの方に参加していただきました。参議院選挙に向けて憲法問題や国会議員の削減、TPPや原発の再起動などが焦点になると思われますが、全てが自分の考えに合致する政党はなかなか見つかりません。私の考えは、「憲法は改正すべき」「国会議員の削減は必要」「TPPは参加」「原発の再起動は反対(ゼロを目指すべき)」です。取捨選択は必要ですが、中でも1丁目1番地は地方分権で、国は小さな政府となり道州制など新たな仕組みを導入し地方政府を強化することです。それに合わせて憲法改正も不可欠な事柄となります。
 

       


神田商会さんへ企業訪問
 NHKの「仕事ハッケン伝」でも有名になった神田商会さんの可児市二野新工場に、可児ロータリークラブで企業訪問をしました。

 立ち上げで忙しい中、取締役で可児市今在住の鈴木さんに、またまたお世話になりました  ほんとにありがとうございました。

 やはり参加したメンバーは、神田商会さんが可児市に所縁があり、またあの有名なエレキギターの製造や販売を手掛けている事を知らない人がほとんどで、中には「えっ・・・・この前見た・・・・あの庄司智春が出ていた会社が・・・・この神田商会さんですか(@_@;)」と驚くメンバーまでいました。
 私とすると企業を紹介した甲斐があると言うことになりますね。今後とも、可児市の顔となる企業として頑張ってもらいたいと思いますし、協力していきたいと思います。

       

       

       
名古屋大学副総長 市橋教授を訪問
 今日は議会事務局の課長・係長と6月5日に企画している議員研修会の講師依頼に、名古屋大学副総長で法務・リスク管理担当の市橋克哉教授を訪問しました。

 研修内容の打ち合わせのつもりでしたが、先生から政治倫理に関する考え方などの講義を約一時間受けることとなり、思ってもみない指導で名古屋まで来た甲斐がありました。とても得した気分です。

 先生の講義の最後に政治倫理と選挙の得票について、ダイアログの縦軸に倫理、横軸に選挙の得票数として、倫理感が高い人が得票数が多ければ問題ないが、名古屋市議会でも問題になった職員採用に関する不正でもわかるように、倫理感が低くベテランの議員ほど得票数が多いケースが多々見られる。そうならないように何をすべきかをよく議論することが必要です。・・・と説明がありました。まったく同感です。

 6月5日の研修で、どのような話をしていただけるか今から楽しみです。例年なら委員会メンバープラス正副議長で委員会視察に出掛けるところですが、議会運営委員会で他議会の視察を無理に行う必要もなく今年は研修会としました。費用も安く済むし、なにしろ議員全員の資質向上に役立つ研修を行うことは議会基本条例に趣旨に合致するものです。このような活動を地道に続けることが今の可児市議会に最も必要な事であると、市橋先生との懇談の中で確信しました。

       


国民栄誉賞
 アンチ巨人で阪神大好き人間の私でも、昨日の長嶋氏・松井氏の国民栄誉賞授与式は「これもありだよね」と感じました。
 安倍総理がアンチ巨人だったとは初耳でしたが、総理の背番号が「96」というのも思わせぶりでしたね。安倍総理、今は何をやってもうまくいきすぎて自分でも怖いぐらいなのではないでしょうか。東京ドームで試合前での式典の開催も大成功ですが、その陰で警察犬2頭と警察官50人でのスタンドのチェックは大変だったようです。

 スポーツ選手・団体への国民栄誉賞は1977年福田総理時に王貞治氏、84年中曽根総理時に故植村直己氏と山下泰裕氏、87年中曽根総理時に衣笠祥雄氏、89年海部総理時に千代の富士関、2000年森総理時に高橋尚子さん、11年菅総理時になでしこジャパン、12年野田総理時に吉田沙保里さん、そして13年安倍総理時に故大鵬関、長嶋氏、松井氏と受賞しました。

 過去を振り返ると受賞者が年度によって偏っていることが分かります。イチロー選手のように辞退する方もいますが、選考基準をもっと明確にした方が国民に分かりやすいし、受賞者も納得するのではないでしょうか。
 どちらにしても今回の受賞により多くの国民が元気になったことは確かだし、長嶋さんと同じ病気で厳しいリハビリをしている方々には大きな勇気をもらったことでしょう。
 ただ・・・巨人がこれ以上強くなることだけは避けたい事態ですが・・・・
武雄市新図書館の視察決定
 GW中ですが、あくせくと仕事をしています(>_<)

 先日、佐賀県武雄市で国内初、民間事業者ツタヤが指定管理を受けて運営をしている武雄市新図書館の一か月の利用状況が公表されましたが驚くべき数字が出ています。

以下CCC株式会社より


カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が武雄市より指定管理者として図書館の運営委託等を受ける武雄市図書館・歴史資料館(佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1)のリニューアルオープン後の来館者数が本日正午時点で10万人を上回りましたのでお知らせします。なお、4月1日〜4月30日までの1ヶ月間の利用状況については以下をご確認ください。

■図書館利用状況(4月30日時点)

項目

     2013年度 2012年度 前年度対比
来館者数(累計)    99,358人 19,853人 500%
(同休館日を除く1日平均 3,312人   709人 467%

図書貸出数(累計)   55,987冊 25,283冊 221%
(同休館日を除く1日平均 1,866冊   903冊 206%


■図書館の利用登録者状況(4月30日時点)
4月30日時点 登録者数=13,909人
選択カード
Tカード  95.6%
図書館利用カード  4.4%

居住地  市内53.1%  市外46.9%


 以前から気になっていた施設なので、どうしても視察に行きたいという思いから5月14日に日帰りの弾丸視察を企画しました。同僚の伊藤議員も同行してくれることとなったので、2人でしっかりとその実態を研究してきます。

 昨年の石巻市への日帰り視察以来、弾丸視察が一向に苦にならなくなってきました。限られた時間を大切に使わないといい仕事は出来ませんね。

憲法記念日
憲法記念日の今日は、憲法に対する政党の考え方が大きく報道されていました。憲法9条に絡めて「戦争を容認すべきではない」とか「人殺しを推奨することになる」などの極端な考えにはついていけそうも在りませんが、国家や主権を考えた場合現憲法下での矛盾は変えていかざるを得ないのではないでしょうか。

国家とは・・・・「国家を成立させている要素は、第一に国民があり、第二に国家理念、第三に国家体制、第四に国境である」
 「国民の生命と財産を護る義務がある以上、国家は、相応の武力を蓄えておく必要がある」「この様な武力を制御するのは、国家理念であり、国防は、国家理念に基づく国家戦力によって正当性が保たれるのである」

 自衛権は・・・・「国家の主権と独立に関する大事であり、自衛権を放棄すれば、国家の主権と独立を自国で維持することができない。故に、自衛権を放棄したら、憲法としての基本的要件を満たしていないことになる。独立国が、憲法を憲法として成立させたならば、必要最小限度の自衛権が憲法には含まれていると考えるのが妥当である。国家理念は、憲法に集約される。故に、憲法は、第一に、建国に至る経緯、及び、建国の大義、第二に、建国の主旨、目的、第三に、国家の目的と定義、第四に、主権の所在、第五に、国家原則、第六に、国民の定義、第七に、国家体制の規定、第八に、附則から構成される」

「国防や治安においても明確である。軍や警察は、公式に認められた唯一の武力であり、この様な軍や警察は、厳重な監視下に置かなければならないというのが、民主主義の発想である。それが文民統制という思想である」と言われています。

 国民投票の概要を早急にまとめ、憲法第96条の改正を議論することは正しい選択だと私は思います。日本の主権回復を進めることは未来に対する責任を果たすこととなると確信しています。
野球場建設現場視察
 議会報告会実施会議に続き、午後から市長との懇談会、その後会派有志5人で坂戸総合運動場で建設が進む野球場の視察に出かけました。

 新野球場は平成26年4月会場予定で現在工事が進んでいます。総工費12億5千万円(予定)グランド両翼99.2m、センター122mのプロ野球規格で県内初の全面人工芝の球場で、その人工芝は住友ゴム製で明治神宮球場と同じものを使用し、近隣では瑞穂球場以外では使用されていないとの説明がありました。
 照明は6基(一般競技規格)、観客席は6,200人が収容でき、スコアーボードは幅24m、高さ7mで標示部は多目的利用ができる全面フルカラーLEDを使用する予定です。
 現在の進捗状況は全体の20%強で、何とか工期内に済ませるよう奮闘中のようです。この野球場が完成すると坂戸の運動公園も充実したものとなり、近隣の市町村の中でも注目を集めることとなるようです。すでにいろんな団体から使用についての問い合わせもきているようです。多目的に利用できる野球場なので、野球だけではなく多様な市民のニーズにこたえることが出来るものとなる予定です。

       
           三塁側からスコアーボードを望む
       
               全体図
       
            一塁側ダッグアウト
       
           スコアーボードを見上げたところ
       
           建設中のバックネット裏スタンド           

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER