理解できない瑞浪市議会の口頭厳重注意
 昨日、「2人の市議が市の2017年度当初予算案を22日の発表前に自身の会員制交流サイト(SNS)に投稿していたことが20日、分かった。市議会は21日、両市議の処分を決める。両市議が投稿したのはいずれも20日。市は23日に市議会定例会が開会するのを前に、市議に議案を把握してもらうため20日に予算案の資料を渡していた。両市議は市議会事務局から求められ、投稿を削除した」との報道がありました。会派の議員たちと「何がダメなんだう。意味が分からないなぁ」などと話していましたが、今日の報道では両市議を議長が口頭厳重注意処分とし始末書の提出を求めた。とありました。「市が記者会見して発表する前のフライングは問題だ」と議長が発言されたそうですが、可児市議会では考えられないし、何をもって厳重注意するのか甚だ疑問です。議会基本条例とは正反対な行動に驚きます。
 瑞浪市議会では「市長提出議案及びその他関係書類は、招集日7日前(告示日)に配布するのが例である」と申し合わせています。この理由は可児市議会として考えるならば、議会運営委員会にて議案説明が行われるためで、この時点で議案は公開されます。議案の正式な配布は22日であっても、議会運営委員会は傍聴も可、全面公開なので議案は公開されたものと取り扱われます。いち早く市民に知ってもらい市民意見を聴取することは議員の使命です。議会としても広く市民意見を聴取することは当たり前なのですが、市の記者会見が優先とは驚きます。明らかに遅れている議会の姿がここに見られます。議会基本条例が機能していない事が手に取るように分かります。残念なことですね。議会が市民の方を見ないで市長側や記者の言い分に左右されることはおかしいです。
所沢市ふるさと納税返礼品廃止
 所沢市がふるさと納税の返礼品を廃止すると発表しました。私は大賛成ですが可児市の規模だと「やめた」とはなかなか宣言できない状況です。可児市は平成29年度も返礼品購入費2400万円を予算立てし、さらにふるさと応援寄付金管理システム導入委託料130万円ほど計上しています。本来の趣旨から大きく外れてしまった「ふるさと納税」は、高所得者優遇制度で年収1億円で単身者は430万円の寄付ができます。高額になればなるほど絵画や甲冑、飛鳥クルーズ旅行、中には一日町長就任など首を傾げたくなるような返礼品まであります。しかし、残念ながら所沢市のようにそう簡単にやめるわけにはいきません。地域の魅力を伝える教育が盛んとなり5000円でいいから郷土のためにふるさと納税をしてくれる人材を育成することが大切です。
 


 所沢市の藤本正人市長は20日会見し、ふるさと納税の返礼品の提供を今年度で終了すると発表した。藤本市長はふるさと納税制度そのものは返礼品を提供しないで残るとした上で、「返礼品の終わりなき競争からひとまず降り、返礼品ではなく所沢の自然や文化、事業を応援したいという思いに期待したい」と語った。同市は平成27年12月からふるさと納税に返礼品を導入。そごう・西武に業務委託し、寄付額の40%に相当する額を返礼品に充て、これまで地元企業の商品や特産品など53種類を提供。
 この結果、27年度は12月から3月末までの4カ月間で349件、約1660万のふるさと納税を受け、前年度1年間の11件、485万円を大幅に上回った。28年度も12月までに345件、約3100万円に達している。
 会見で、藤本市長はふるさと納税の趣旨を「故郷を思う気持ち、地方の財政を強くしようという願いがある」とした上で、現状については「人は好みの返礼品を求めて動き、自治体も競争に巻き込まれている」と指摘した。

今回の一般質問
 オープンデータとは、「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」です。つまり,誰でも許可されたルールの範囲内で自由に複製・加工や頒布などができるデータをいいます。もちろん商用としても利用可能です。
「人口統計」や「公共施設の場所」などをはじめとした様々な公共のデータを、ユーザ(市民、民間企業など)に有効活用していただき、社会経済全体の発展に寄与することを目的として、世界中で同様の試みに取り組まれています。
 可児市ではこの取り組みが進んでいません。公民館などでのWI-HI設置を求める議員がいますが、オープンデータが進まばい状態では意味がありません。時代にあった環境整備は必要ですが、ソフト面を充実させせることが大前提です。今定例会でその辺を質問しようかと思います。あと一つは岐阜医療科学大学進出による効果と準備についてをテーマにします。
平成29年度予算を含む33議案を審議する3月定例会
 いよいよ平成29年度予算を含む33議案を審議する3月定例会が始まります。今日は定例会前の議会運営委員会と議員全員協議会が開催されました。条例の改正案などもありますが、やはりメインは平成29年度予算案です。今年度も景気回復基調で税収が伸びていますが、来年度も市税は約10憶3千万円の増を見込んでいます。反対に地方交付税は減額傾向で約1億6千万円の減、市債は駅前整備をなどで8億6千万円の増となっています。一方歳出は商工費、土木費などの増額で前年比約20億円増の334億円の予算規模となりました。過去最大の一般会計予算になりました。今日は全体に目を通しました。開会までに数回目を通して、予算委員会の説明会でしっかりとチェックし質疑の通告に備えます。

      
議会基本条例の改正についてのパブリックコメント募集中
 いよいよ3月予算議会が始まります。明日は議会運営委員会と議会全員協議会が開催されます。また、可児市議会では今定例会に議会基本条例の改正案を上程する予定です。「調査機関の設置」「議長及び副議長の所信表明」「地域課題懇談会の開催」「常任委員会の代表質問」などを新たに規定するものです。より分かりやすい議会運営と市民広聴の場を幅広く行っていくようにするもので、活動の範囲がさらに充実していくことになります。まさに議会改革は生き物であるがのごとく、それにかかわる規定は日々変化し続けます。

   
衆議院予算委員会中継
 稲田防衛大臣も頼りない感じですが(金田法務大臣は論外)それのしてもここのところの予算委員会での議論は「戦闘」についてスーダンでの問題を議論していると言うよりも、不毛の言葉遊びをしているにしか思えません。特に民進党の議員の質問には呆れます。芸能リポーターと不祥事を起こした芸能人のやり取りみたいで、これ国会の論戦と言えるのか疑問です。野党の皆さん。やはり支持率に表れている感は否めませんね。
人口減少時代における地域力シンポ
 3月26日に愛知大学豊橋校で開催されるシンポジウムのチラシが出来ました。私と牧之原の西原市長、新城市の穂積市長3人が揃って事例報告とパネルディスカッションをします。多くの皆さんの参加をお願いします(^o^)/
ガバナンスの千葉編集長もお見えになります。よろしくお願いします。


        
ダイセキ環境ソリューション。この工場はいらないよ
 ダイセキ環境ソリューションは「当社は土壌汚染対策に関する業務を自社で行うワンストップソリューションカンパニー。対応の速さ、価格の優位性、情報漏洩防止、全国対応のネットワーク、実績に基づく高い技術力で環境問題に取り組んでいます」という会社です。可児市二野の工業団地に隣接するセイコークロック跡地を昨年3月31日に売買契約が成立したものです。この会社は二野工業団地内での工場開設を希望し申し込みをしましたが、製造業でないことや粉塵などの問題もあることから工業団地への進出を断られています。その理由が明らかであるにも係わらずその隣地を購入し工場を開設しようとするもので、工業団地内のNGKや甲山製作所、神田商会さんなどからすれば狐につままれた気分ではないかと推察されます。この会社の企業モラルを疑わざるを得ないような今回の工場進出に、何か特別な理由でもあるのか首を傾げたくなります。
今日は、建設市民委員会と有志議員、地元自治会の関係者でダイセキの名古屋工場と本社へ視察に出かけました。私の結論は「この工場は可児(二野地区)にはふさわしくない」です。汚染土処理工場では予想以上の騒音と粉塵で、臨海工業地帯にある名古屋工場では問題がなくとも二野では大問題です。拡声器を使っての説明など何も聞こえない状況です。明らかに環境は悪くなります。一部上場企業だと胸を張っていましたが、放射能(ウラン)のことも知らいない社員が説明員で、リニアの汚染土を扱うようでは「この会社大丈夫か?」と思われても仕方がないでしょう。私ははっきりと「可児市(二野)はあなたがた(ダイセキ)と心中するつもりはない。100%ウランが持ち込まれない対応をしてくれないと絶対反対をする」と宣言しました。民民の土地取引で県の許可があれば工場建設が始まりますが、何かしっくりきません。



      

      

      

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER