高校生議会 設問1
 2月9日に開催する高校生議会の設問を作成しています。今年度は行政クロスロードでの研修を進めてきたため、それに近い形で医療、子育て、若者支援策などについて設問を設けてグループディスカッションを行い、議場でその結果を発表するという方法をとります。今週来週と週末は東京・静岡、久米島・那覇への出張を控えていて取り急ぎ設問を作成しました。その設問は以下の通りです。

設問の背景及び現状
 現在、可児市・御嵩町では、出産できる病院(産婦人科医)はローズベルクリニック、とまつレディースクリニックの2箇所です。小児科については開業医による診察と、とうのう病院において4人の非常勤医師による診察が可能ですが、入院できる病院はありません。(常勤医がいないため)入院する必要がある場合は、美濃加茂市の木澤記念病院や県立多治見病院、多治見市民病院等を利用することになります。
 産婦人科が存続の危機に陥った地方病院では、高額な報酬(約5,000万円)による医師確保を図りましたが、上手くいかなかった例もあります。また、兵庫県丹波市の県立病院では、医療崩壊の瀬戸際に陥りました。その原因のひとつは、軽い症状なのに時間外に受診する「コンビニ受診」の多さでした。小児科存続の危機に「子どもを守ろう、お医者さんを守ろう」と立ち上がった母親たちは、緊急受診が必要かどうかを自分で判断できるフローチャートを作ってコンビニ受診を控えるよう呼びかけました。母親たちの活動は医師たちを勇気づけ、市や商店街も協力して地域医療再生に動き出している例もあります。
 可児市では、「住みごこち一番可児」を掲げ、若い世代や子育て世代が住みやすいまちを作ることを目的にさまざまな取り組みをしていますが、医療に関しては決して恵まれた環境にあるとは言えません。また、御嵩町においては、病院は1箇所しかありません。

設問
そこで、市内にある総合病院に行政が補助金を出し、常勤医を2名確保することになりました。(常勤1名では入院患者と外来患者の対応は無理です。)小児科の充実か、産婦人科(急性期医療対応)の新設か、究極の選択を余儀なくされました。
皆さんはどちらを選択しますか。


こんな感じの設問1となりますが、どのような結論になるか今から楽しみです。
ファーストペンギンに学ぶ
 今年初の積雪でした。AWDにスノータイヤの強力タッグで何事もなく過ごすことが出来ましたが、ノーマルタイヤで時速20km〜30kmで走行する車が多いことに驚きました。高齢者の方も多く見かけましたが、ノーマルタイヤでの運転はとても危険です。道路が安定するまでできるだけ外出は控えた方がいいのではないでしょうか。
 TVでペンギンの子育ての番組を放送していました。子ペンギンが初めて海へ入る時もファーストペンギンが海へ飛び込むと次々に海へ入っていきます。ファーストペンギンとは、群れで行動するペンギンの中で、魚を獲るために一番に海に飛び込める勇気あるペンギンのことを指します。海にはペンギンの敵とも言えるシャチやトド、オットセイなどの肉食獣が、今か今かとペンギンが海に飛び込んでくるのを待っているかもしれません。しかしペンギンも魚を食べなければ、生きていけないというジレンマがあります。そうしたペンギンの恐怖や迷いの中で、勇気を持って一番に海という危険地帯に飛び込んでいけるペンギンを「ファーストペンギン」と呼びます。もしかすると、自分の命を落としてしまうかもしれません。ファーストペンギンのおかげで、セカンドペンギンやサードペンギンは安全を確かめてから、海に入ることでリスクを回避することができるのです。アメリカでは勇気をもって果敢に挑戦する人のことをこのように表現するようです。朝の連ドラ「あさが来た」で五代さんが言った有名な言葉ですね。政治や行政にもファーストペンギンを目指し行動することがあってもいいのではないでしょうか。リスク回避することや市民に迷惑をかけるようなことはあってはなりませんが、果敢に挑戦する気持ちは常に必要です。国も地方(政治家も職員も)も何かに挑み続ける気持をは常に心に秘めて行動したいものです。

今シーズン初の積雪で・・・トランプは信用できるのか
 今日は久しぶりに友人たちとラウンドを予定していましたが、雪でクローズとの連絡に落胆してしまいました。何をしようかと思いましたが、気になっていたオバマ大統領の演説とトランプ氏の記者会見をチェックしました。率直に申し上げて「ほんとにトランプで大丈夫なのか?」という疑問と「主権者は選挙において間違った選択をすることがある。それがポピュリズムです」という昇先生の言葉が思い出されました。前民主党政権(鳩山政権)には、そのマニフェストや総理の言動(沖縄問題などに関する発言)に国民が騙された状況とは違い、差別的な言動や個人や企業を批判し、中傷誹謗する言動を繰り返す大統領候補者を選んだのは米国民であり、その責任は米国民にあることは間違いないのですが、トランプ氏の言動には背筋が寒くなるような違和感を感じました。トランプ氏の盟友がミシェル夫人について「男性の姿に戻ってゴリラと一緒にジンバブエの奥地でのんびり暮らし、気楽にやってもらいたいものだ」と発言したことが納得できる彼の記者会見でした。一方オバマ大統領は、トランプ次期大統領を意識した演説だと思いますが、とても感動的な演説でした。今後4年間は今日の天気のように、どんよりとした気分が晴れない日が続きそうでとても嫌な気分になりました。、「リベラルなハリウッド人」「過大評価されている女優」「大敗したヒラリーの追従者」などメリルストリープさんへの批判など、米国大統領の発言とは信じたくない言葉です。こんな人物が核のボタンを・・・・・神のみぞ知る・・・ですね。
かわいい来庁者(役得)
 今日も朝から登庁し来週火曜日の可児高校職員会議に間に合わせるため、高校生議会のグループディスカッションのテーマの内容を詰めるため事務局で話し合っているところへ、広見保育園の園児2名と理事長先生一行が餅つきをした報告と、まだあったかいつきたての餅を持って議会を訪問してくれました。正副議長が不在だったため、元議長の私が代表して議長室でお餅を受け取りました。訪問してくれた園児2人は満面の笑みを見せてくれて、思わずこちらも笑みがこぼれました。まさに役得とは今日のことです。とても和やかな時を過ごすことができました。つきたてのきな粉餅もとても美味しかったです。前歯が抜けたばかりの女の子の満面の笑みにご注目!(写真は保育園を通して掲載許可をとっています)

      
所沢市議会視察対応〜可児高校〜可児JC
 昨日は午前に来週に迫った早稲田大学マニフェスト研究所主催のシチズンシップ推進実践フォーラム2017の資料作成、午後は所沢市議会広聴広報委員会の視察対応、夕方に可児高校へお邪魔してNPO縁塾の松尾塾長と生徒2名、担当の先生と議会事務局で2月9日に開催する高校生議会のグループディスカッションのテーマを決めるため企画会議を行い、その足でOBとして可児青年会議所の新年例会に出席しました。
 昨日のメインイベントはやはり可児JC。畑佐理事長から中根新理事長へバトンタッチ。めでたく第43代理事長が誕生しました。ちなみに私は第25代理事長(1999年)でその時のスローガンが「新しい時代に向かって”夢・創造・実行”大空に飛翔け改革の翼!地域主権の風に乗って!!」でした。改めてスローガンを見直してみると、今の自分を予言するようなものでしたね。経済は少しづつ良くなっているものの、この厳しい時代に会員を増やし続けている可児JCの後輩たちは立派です。今後も出来る限りの支援をしていこうと思います。久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
高校生議会の詳細は後日アップします。

      

      
可児商工会議所新年互礼会
 可児商工会議所新年互礼会が盛大に開催されました。私は来賓としての参加ではなく商工会議所の2号議員として参加しました。ほんとんどの参加者が顔見知りなので、どこか我が家で懇親を深めているような雰囲気でした。渡辺会頭や来賓の国会議員からは、ことしの経済見通しは明るいが、唯一不安材料をあげるとトランプ大統領の言動と動向と指摘されていました。長い来賓の挨拶で、どこでも道路と知事の話しかしない県議の挨拶はうんざりで、割愛してもいいのではないかと思われます(多くの会員からも同様の声) 可児市ではどこもかしこも人手不足や人材不足に陥っているとの話が多く聞かれました。地域課題解決型キャリア教育の効果に期待されるところが大きいと思います。今後もこの活動を通して「可児を担う人づくり」に邁進していきます。

      
新年会での挨拶の要旨
 8日をピークに新年会まわりもあと数件を残すのみとなりました。今年の挨拶の要旨をまとめたので掲載します。


新年明けましておめでとうございます。穏やかな天気に恵まれ2017年が無事スタートしました。少子高齢化、人口減少時代に突入した日本では、今後地方での新たなまちづくりが必要となってきました。可児市においても人口ビジョンや総合政策、総合戦略に基づき新しい取り組みが始まります。この地域をどのような形で未来に残すべきか、市民の皆さんや行政とともに考えていく一年にしていきたいと思います。

可児市の人口は2010年4月から2015年3月の5年間で956人減少しています。現在は下げ止まりの状態ですが、中でも0歳から15歳までの幼少人口が565人、16歳から65歳までの生産労働人口が5,486人減少する一方、65歳以上の高齢者人口は5,095人増加しています。今後何らかの対策を打たなければ、2060年には人口が77,250人となり生産労働人口の落ち込みにより地域産業が衰退する危機にさらされます。出生数が年100万人を下回ってしまった現状では、人口の偏在が顕著に進み都市が消滅する危険は高まる一方です。市が掲げる「住みごごち一番可児」を実現するため、広見地区を中心とした中心市街地活性化について以前より積極的に取り組んできました。この度、子育て支援センターを核とする可児駅前に拠点施設の建設が始まり、同時に可児駅東西自由通路が建設されます。これら事業の推進により広見児童センターは駅前拠点施設に移設、駅地下道の閉鎖、今広踏み切りの閉鎖、総合会館分室の閉館など、新たな駅前整備が進められていきます。これら事業を推進することにより、中心市街地の新たな面整備と機能充実をさらに進めていきます。
可児市第2次年マスタープランでは、「中央域を都市活動の中核を担う地域として、多様な都市機能の集積を図り、可児駅前では「子育て・健康・にぎわい」の拠点施設整備を推進する。また可児御嵩インターチェンジ周辺等のエリアにおいては、開発ポテンシャルを活かしつつ活力の向上に資する都市づくりを進める」とし、全域で大幅な土地利用の見直しを行いました。
中央域(広見・広見東部・中恵土・川合・下恵土・今渡・土田)では良好な住環境の形成と維持を図り、可児駅前、市役所周辺では商業施設、行政施設の集積・誘導を図り求心性の高い商業地の形成を図ります。可児御嵩IC付近では用途地域の指定を検討し新たな商業地として計画的な土地利用の誘導をはかります。広見地区広見東地区では、周辺の住環境や自然環境、農業施設との調和を図りながら、住宅や生活利便施設等、地域の実情に応じた都市的土地利用を検討推進していきますこらにより、繭検定所跡地、児童公園、児童センター跡地の有効利用と総合会館分室跡地への民間活力導入など、様々な取り組みの可能性を探っていきます。また、本年3月で撤退となる名城大学の跡地の利用については、新たに大学が進出することがほぼ決まりました。このように広見地域を中心に新たなまちづくりが一歩一歩確実に進んでいます。

消防団出初式〜成人式
 とても寒い一日となり午後からは冷たい雨模様となってしまい、せっかくの消防団の各地位域での催しや、晴れ着姿に水を差す残念な天候となってしまいました。私は消防の一斉放水をみることもなく、午前11時より広見各地の新年会を駆けずり回り暫しの休憩で夜も同様に数カ所の新年会回りをします。今年は時間がない中、報告する内容には濃いものがありました。また、村木自治会の皆さんや乗里自治会の皆さんには、JR鉄橋化のアンダーパスの車両通行止めのお願をし、7・15災害時に決壊した堤防の強化についてお願いをして回っています。今日がピークなる新年会回りですが、多くの方々との交流の場として今後も大切にしていきたいと思います。

      

      

      

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER