地域課題懇談会の準備は着々と
 7月29日(土)広見公民館ゆとりピアで開催する第4回地域課題懇談会の準備が着々と進んでいます。昨日は東農高校、東農実業高校、可児工業高校を回りました。どの高校も積極的に協力していただけると良い返事をいただき一安心しています。今回初登場の東農高校はアーラの衛館長やNPO縁塾とは既に交流を行っており、生徒の約半数が可児市民であることから期待も大きく膨らみます。夕方には可児高校で11月2日に向けた企画会議を行いました。こちらも順調に進んでいます。その折に、昨年早稲田大学のゼミに参加し、将来の進路を大きく変えることを決断した生徒が会いに来てくれました。「川上さん、志望校の合格圏内に入りました。気を抜かないように頑張ります」との言葉に胸が詰まりそうになりました。「合格したら盛大にお祝いをしよう」と言葉をかえすのがやっとでした。ほんとに嬉しいことです。29日に向けて力が入ります。

      

      

      
またまた出ました安倍政権の驕り
 稲田朋美防衛相は27日夜、東京都議選の自民党候補の応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても、お願いしたい と思っているところだ」などと発言したことについて「自衛隊は地域の皆様の理解なくして活動できないという趣旨だが、誤解を招きかねない発言なので撤回する」と撤回はなかったものの謝罪はありませんでした。公務員の中立性はあたり前で、この大臣は弁護士ですよね。森友問題にも関係しているし、総理の任命責任を問われることは仕方がありません。安倍総理も昭恵夫人、稲田大臣、萩生田官房副長官ら腹心の行動や発言に足を引っ張られ、ここへ来て発言もブレブレで、獣医学部を全国展開するなどという暴論をぶち上げました。昭恵夫人の行動は論外ですが、先日も岐阜県内で彼女の講演会を開催した団体がありました。居酒屋経営論でも講演されたのでしょうか?金田大臣の大臣としての資質や、総理や菅官房長官の陰に隠れて出てこない萩生田副官房長官、防衛大臣を鼻にかけて問題発言を繰り返す高慢ちきな大臣と、次から次に問題を引き超す安倍チルドレン。杉村太蔵氏いわく「俺の方がましだった・・・」そうかもしれません。国会や国会議員、各省庁の職員の仕事とそのミッションは何なのかを、深く考えさせられる現状に、少し嫌気がしてきました。
久しぶりの視察対応で少々疲れました
 当たり前の事なのですが会期中の他議会からの視察はありません。今日は久しぶりの視察対応でした。群馬県安中市議会の議会改革特別委員会の皆さんと副議長さん、事務局2名が来られたのですが、どこまで皆さんの心に響いたかは分かりません。議会基本条例の制定を目指して2年間特別委員会で議論しているよそうですが、委員会の雰囲気では一枚岩とはなっていないようです。これを機に一歩前へ進むことができれば変化が起こるのかも知れません。ちょっと疲れた視察対応でした。7月8月と指名の議会もあるのですが、なぜか私が担当する火曜日の視察が多いようで、暑さもあり少々疲れが出てきたのかも知れませんね。

      

      
地域課題懇談会の詳細決定
 来月に開催する地域課題懇談会の詳細が決まりました。今回はワールドカフェを用いて議論を進めます。興味のある方は是非参加をお願いします。



       可児市議会地域課題懇談会 開催要領
        〜駅前に必要な賑わいを考えよう〜

主 催:可児市議会 議会改革特別委員会
参加者:可児市議会議員、可児商工会議所、可児青年会議所、可児市職員、
NPO縁塾、大学生、高校生、各種団体、可児市民等
日 時:平成29年7月29日(土)14時から 90分程度
場 所:広見公民館ゆとりピア

○キーワードは「可児市の魅力」「ふるさと発展」「大人×若い世代」

○背景及び目的
「可児市子育て健康プラザ」が平成30年春に可児駅前に完成します。併せてJR可児駅の東西を繋ぐ自由通路も完成し東西へ往来する利便性が向上します。可児駅前線(幅20mのシンボルロード)も全面開通する一方、総合会館分室、広見児童センターは廃止となり、跡地利用については今後の課題となります。
 また、平成31年4月には名城大学都市情報学部の跡地に、岐阜医療科学大学が薬学部の新設と看護学部などの移転を計画しており、その学生数は最終的に1,000人を超える見込みです。
これらの現状を鑑み、可児駅前周辺や西可児駅前周辺の賑わいづくりが急務となってきました。そこで子供から高齢者まで、あらゆる世代が集い楽しむことの出来る場づくりを考える機会とします。

○ワールドカフェ形式で対話(ダイアローグ)します。

設問1.可児市の魅力や自慢できることは何ですか?(物、仕組み、人物等)
設問2.それを発信・発展するために、自分ができること、みんなに協力してもらいたいことは何ですか?
設問3.このメンバーと世代を超えた市民と地域が一緒になって出来そうなワクワクする取り組みは何でしょう?
全体セッション
「今日のワールドカフェの中で、あなたが一番心に残った言葉、話は?」



      
休息日
 6月バラ議会も終わり今日は少し時間が出来たので、郡上市美並の子宝温泉に車を止めて郡上まで長良川左岸を自転車で楽しみました。途中粥川に寄り道したり、長良川の景色を堪能しながらのライドで、鮎の友釣りを縫うようにラフティングを楽しむ人や、猿の集団に遭遇しました。子猿が可愛いかったですよ^ ^
 道を間違えて板取に着いてしまいましたが、天気も良く温泉を堪能して帰って来ました。とてもいいリフレッシュができました。自転車は適度な速度で負担なく足腰を鍛えることができるため大好きなのですが、虫が幾度となく体当たりしてくることが難点です。今日も危うくオオスズメバチに体当たりされそうでした。親指ほどもある蜂に体当たりされチクリとやられたら大変ですからね。

      

      

      
バラ議会(6月定例会)が終わりました
 いろんな課題があったバラ議会でしたが、本日最終日を迎えました。本会議、議会運営委員会、議会報告会実施会議、議員の定数・報酬特別委員会が開催され、最終日も慌ただしく一日が過ぎていきました。議会運営委員会では8月臨時会、9月議会の日程、地域課題懇談会・模擬投票のスケジュール、議会BCPの策定、定数・報酬報告、政務活動費について等、様々な協議をしました。政務活動については一部の会派(議員)の使途について議運でしっかりと指導し、今後は一切認めないことと、昨年度分は自身で説明責任を果たすことを決めました。また、キャノンの6万円のカメラと3万円のフラッシュを購入していたため、その使用目的と保管について議会事務局で管理するように指示を出しました。公私混同しての使用については断固許可しません。長年議員をやっていてる議員のこの甘さとだらしなさにはついていけませんが、同じ議会の議員としてとても恥ずかしいことだと思います。とにかく悪癖を治すのは大変です。選んだ方々の指導とチェックもお願いします。グレーゾーンは無しにしましょう。
 
グレーゾーンで仕事をしてはならない
 「安倍総理は真っ白な土俵の上で仕事をしているのだろうか?」多くの国民が感じていることではないでしょうか。一番信頼できるはずの奥様に対する疑惑や疑問。信頼できるはずの部下である萩生田官房副長官に対する疑惑や疑問は、潔白であるならば安倍総理自らが疑惑と疑問に対して誠意を持って報告すべきです。「議員は、公正、誠実、清廉を基本とした厳しい倫理意識をもつプロフェッショナルにならなければならない」この言葉は、可児市議会が開催した議員倫理に関する研修で講演をしていただいた市橋克哉名古屋大学教授の言葉です。教授は「議員はグレーゾーンで仕事をしたがる。楽だからそうなるとは思う」世間でグレーゾーンで仕事をしたがるのは政治家か反社会勢力ぐらいのものだろうと思います。真っ白い土俵の上で正々堂々と仕事をする。世間では当たり前のことが出来ないのが政治家だとすれば、なんとも情けない話ですが、残念ながら私の周りにもうようよいます。今の総理やその周辺の方々の姿を見て、子供たちや若い世代は呆れかえっているか、希望を失くしているように思えて仕方ありません。リスペクトされるような行動と発言をお願いしたいものです。「嘘つき」呼ばわりされることのないように・・・・・

      
地域課題懇談会今後のスケジュール
 今年度の大まかなスケジュールが決まりました。8月7日には牧之原市からの依頼で、委員会で牧之原市へ視察に行くこともきまりました。いよいよ今年も始まります。



     地域課題懇談会及び模擬選挙スケジュール概要(案)

○地域課題懇談会(夏のオープンエンリッチ NPO縁塾)
 日 時  平成29年7月29日(土)午後2時〜
 場 所  ゆとりピア
 主 催  可児市議会
 ○模擬選挙
 日 時  平成29年11月2日(木)午後2時〜
 場 所  可児高等学校
 主 催  可児高等学校
 共 催  可児市議会
スケジュール

6月28日(水)
16:30〜 模擬選挙にかかる全体学習会→3チーム編成(各チームでマニフェストを作成)
7月29日(土)
14:00〜 地域課題懇談会

7月14〜21日
いずれかの午後 模擬選挙チーム別討論

8月未定 模擬選挙チーム別討論
8月未定 模擬選挙チーム別討論
9月15日(金)16:00〜全校生徒への模擬選挙趣旨説明・アイスブレイク
9月11〜14日 いずれかの16時 模擬選挙チーム別討論ぁ僻表準備)
10月16〜20日 いずれかの16時 模擬選挙最終打合せ
11月2日(木)14:00〜 模擬選挙本番
●模擬選挙は、「戻ってきたい可児」をテーマに、実現するための手段として、次のA〜Cの視点でマニフェストを作成する。
    A.子育て世代にやさしい可児
    B.働く人を応援する可児
    C.地域でお年寄りを支える可児
●各チームは、高校生コアメンバー、市職員(3年目研修)、縁塾メンバーを予定しており、まとめ役として議員が参加する。
●模擬選挙は可児高生1・2年生全員が参加する。(前回と同様の予定)

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER