ママさん議会から一夜明けて
 議会運営委員会、議員全員協議会に続きママさん議会、夜には広見東インターチェンジ付近の開発に関する懇談会とハードスケジュールをこなしました。一夜明けて、今朝の新聞記事、各社共に「ママさん議会」の報道が掲載されました。ありがたいことです。可児市議会に関する報道数は新聞、専門誌、機関紙、TV報道等、年間で数十回になります。これも可児市や可児市議会の効用価値を上げる大きな原動力です。
 今回のママさん議会は、バラ議会以上に議場に花が咲き、とても明るい雰囲気でした。またまた私の思いつきから始まったこの企画は、議会事務局のスキルの高さや特別委員会のがんばりがあっての賜物です。行政の協力(議会と行政の協働)も不可欠なものでした。参加してくれた18人の議員にも心から「お疲れ様」と感謝しています。一方で、毎回欠席する数人の議員がいることも事実で残念ですが、やる気のない議員が悪影響を与えることを考えるとこれも良しです。ある議員からは「全議員の出席義務を課すべきだ」との声がありますが、先に述べたように市民の皆さんと密接に関わる事業だけに、議員の自主性を優先します。実際に高校生を残念な気持ちにさせた事例がありましたので、意識の低い議員は出席されない方がいいのではないかと考えています。選んだ市民の皆さんは議員の行動・活動は要チェックですね。

      
ママさん議会無事終了しました。
 準備不足だった心配をよそに、ママさん議会は大成功で終わりました。ワークショップ形式の第1部では、話し合う時間が少なく心配しましたが、本会議の開会を10分遅らせることで何とかクリアーしました。短い時間のなかで、さすがにママさん方はのスキルが高く、見事にまとめ上げてくれました。その後の本会議では、落ち着いたしっかりした発表でこちらが感心しきりでした。ガッチンコの質疑に対してもそつなく答弁をしてくれました。今後は、今日出された意見を集約し、政策サイクルを使って生かしていきます。また、このような場をもっと作っていこうと思います。参加してくれたママさんたちも記念撮影をしたりして楽しんでもらえたようでした。まずは速報として報告させていただきます。


      

      

      

      

      
明日ママさん議会
 いよいよ「ママさん議会」が明日に迫りました。26名のママさんと5人の大学生も加わり、建設を予定している駅前拠点施設のソフト面いついて様々な角度から意見を出してもらいます。どのような意見がでるかとても楽しみです。このような議会としての取り組みを、どんどん行うことにより市政運営がよりよい方向へ向くことを期待しています。次は何を企画しようかな?議会活動がさらに楽しくなるように頑張ります。
可児市ゴルフ協会のHP試案
 可児市ゴルフ協会のHPの試案が出来上がりました。待ちに待ったHPです。表紙を飾るのは、先月見事プロテストに1発合格で2位位通過を果たした小野祐夢プロです。先日、日本ラインGCで写真撮影を行いました。私たちと共に可児のゴルフツーリズムを盛り上げてくれる大切な存在です。皆さんの応援よろしくお願いします。

      
今日は村木(広見)盆踊り
 お盆も過ぎて例年より1週間ほど遅れて開催する「村木おどり」は、私をはじめ有志4人からスタートしました。復活して5年目になりますが、年々参加者も増えています。櫓は大森新田自治会からの借りもの、その他のテントや机椅子も借り物、紅白幕も借り物でないない尽くしの夏まつりですが、これで結構やっていけるものです。商工会や消防団の力を借りて、自分たちが楽しくなければ面白い祭りにはならない。が合言葉です。地域の方も楽しみにしていただいているようで、午前9時から祭りの準備に出かけます。時間のある方は是非、広見児童公園(広見児童センター)にお越しください。
すごいね日本選手団! あかんね地方議会!
 リオ五輪のメダルラッシュは凄いですね。バトミントンのタカ・マツペアに女子レスリング。吉田選手の銀メダルには驚きましたが「負けてなお強し」の言葉がぴったりで、彼女の功績は自身の活躍だけではなく、日本のレスリング自体を世界に通用する競技にしたことです。胸を張って笑顔で帰国してください。試合が終わった瞬間は涙と共に「ありがとう吉田選手」の言葉が自然と出てきました。ガンバレ日本!!

 一方、今朝の岐阜新聞では、憲法93条に定める地方議会について厳しい指摘をしています。最近よく使う「怠け者の楽園」と化した地方議会は、全国各地で少なくありません。むしろ活発に活動する議会の方が圧倒的に少数です。可児市議会でも隙があれば9年ほど前の可児市議会「怠け者の楽園」に戻したいと考える議員が複数いることも事実です。地域住民の厳しい目が必要と思いますが、今は出来ることをどんどんチャレンジしていきます。リオオリンピックでの吉田選手をはじめ日本選手団の活躍を見て、さらに気合が入る今日この頃です。

      
東京都議会のデータ比較
 早稲田大学マニフェスト研究所から以下のデータが公表されました。都道府県議会や政令市議会、中核市議会と規模が大きい議会にありがちな「化石のような議会」もここまで行くと立派としか言いようがありません。日頃の活動がブラックボックス化となっている東京都議会、これほどまでの議員数と報酬、政務活動費や事務局職員が必要かどうか都民で議論する必要があると思います。待っていても東京都議会自らが動くとは考えにくい状況です。小池知事にも期待しますが、議会側は談合政治に持っていこうとすることは必至です。ここは都民力に期待します。
 リオオリンピックで活躍するアスリートたちは、自身の限界に挑戦し続け血のにじむ努力の後にメダルという結果があるわけで、それはアスリートだけではなく、企業人でも受験に挑む高校生でも同じこと、議会も同じで、議会と議員が活動の限界に挑み続けてこそ、地域の豊かな未来が開けるものと思います。


子育て世代による議会(ママさん議会)
 8月23日(火)に開催するママさん議会のテーマが決まりました。先ず第1部はワークショップ。6つのグループに分かれて対話を通してグループで意見をまとめます。共通のテーマは「リピーターを生み出す施設運営について」2つ目のテーマは「子育て拠点施設における利用者目線の情報発信とは」「さまざまな絆づくりに繋がるソフト事業について(異年齢・多世代交流、子育て支援、健康づくり)」「子育て拠点施設が子育て中の母親の語り場としてあるためには」の3っつのテーマから一つグループで話し合っていただきます。第2部は、ワークショップの結果発表と市議会議員からの質疑を本会議場で行います。遅れ気味だった準備もここへきて一気に進んできました。今から当日が楽しみです。是非、沢山の方の傍聴をお願いします。

▲PAGE TOP

最近のエントリー
RECENT COMMENT
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
TWITTER